[電話受付] 8:30~17:00

03-3330-0823

会社情報

代表挨拶

パルス制御技術で未来を創る

ジェーピーシー株式会社は、「パルス部品の専門メーカー」として創業以来、
通信、コンピュータ、放送映像、医用機器、車両などの品質を重視される産
業分野をはじめ幅広い分野で採用されています。
電子産業に於ける技術の進歩は驚異的なものがありますが、その中で弊社は
パルス部品の専門メーカーとしての「責任」のもと、高度な技術と信頼で、
お客様のご要望に「迅速」に対応することを使命として、開発設計から生産、
販売までを社員一丸となり、「誠実」な製品づくりで社会へ貢献することを
目指しております。
今後とも皆様の益々のご指導を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 吉田雅治

社 是

  • 責任
  • 迅速
  • 誠実

会社概要

商 号ジェーピーシー株式会社(英文 JPC CO.,LTD.)
設 立昭和35年8月3日
資本金40,000,000円
事業内容パルストランス、スイッチングトランス、チョークコイル、各種トランス
ディレイライン、フィルタ、DC-DCコンバータ、各種カスタム品の設計・製造・販売
本 社〒165-0032 東京都中野区鷺宮2丁目5番5号
電話:03(3330)0823FAX:03(3310)1870
福島工場〒963-8305 福島県石川郡古殿町竹貫字千足1番地
電話:0247(53)2571FAX:0247(53)2598
みちのく環境管理規格認証取得工場 認証登録番号:m-ems09-041
役 員
代表取締役
吉田 雅治
常務取締役
高橋 章
取締役
酒井 一
監査役
鈴木 一太
取引銀行
  • 三菱東京UFJ銀行  野方支店
  • みずほ銀行    鷺宮支店
  • 西武信用金庫   鷺宮支店
関連会社
  • 日本パルス工業株式会社
  • 有限会社アクティ
  • HPC LTD.〔香港〕
加入団体(社)電子情報技術産業協会
主要取引先NECネットワーク・センサ株式会社、沖電気工業株式会社、オムロン株式会社、オリンパス株式会社、
カナレ電気株式会社、KOA株式会社、株式会社島津製作所、白河オリンパス株式会社、ソニー株式会社、株式会社東芝、
日本電気株式会社、日本無線株式会社、株式会社日立製作所、富士通株式会社、富士フイルム株式会社、
三菱電機株式会社、日本パルスモーター株式会社、横河電機株式会社、株式会社アークテイク、岡本無線電機株式会社、
加賀電子株式会社、サンワテクノス株式会社、菱電商事株式会社、株式会社ニノテック、三雅産業株式会社、
和光電材株式会社 その他、約200社

アクセスマップ

電車でご来社の場合
西武新宿線都立家政駅下車徒歩6分です。
車でご来社の場合
環状7号線からの場合、丸山陸橋を
田無方面に約800m進み、右側にあります。
新青梅街道に面しています。(駐車場有り)

沿革

1960年 8月(昭和35年)東京都豊島区内にキャンドル商事株式会社を設立し、電気部品の輸出業務を開始する。
米国PCA社と技術提携し、パルストランス、ディレイラインの加工貿易業務を開始する。
1963年 9月(昭和38年)PCA社と技術販売契約成立、パルストランス、ディレイラインの製造販売業務を開始する。
1964年 5月(昭和39年)ジェーピーシー株式会社と商号変更、中野区内に工場を新設し、特殊トランスの製造を開始する。
1967年 5月(昭和42年)電々公社部品認定工場となり、電子交換機(DEX-2)用のディレイラインの納入開始する。
1969年 6月(昭和44年)ディレイラインのMIL認定を受ける。
1970年 6月(昭和45年)トランス部門として、日本パルス工業株式会社を発足させる。
1974年 1月(昭和49年)業務拡張のため、福島工場(現、福島県石川郡古殿町)を新設する。
1975年 10月(昭和50年)LCフィルタ、電圧可変型ディレイラインの生産を開始する。
1976年 10月(昭和51年)DC/DCコンバータの開発および生産を開始する。
1978年 3月(昭和53年)アクティブデイレイラインの生産を開始する。
1979年 7月(昭和54年)宇宙開発ロケット搭載用ディレイラインのNASDA認定を受ける。
1980年 6月(昭和55年)プログラマブルデイレイラインの生産を開始する。
1984年 6月(昭和59年)防衛庁MIL規格ディレイラインの認定を再度受ける。
1985年 7月(昭和60年)ローカルエリアネットワーク(LAN)用パルストランスの生産を開始する
1986年 9月(昭和61年)防衛庁MIL規格フィルタの認定を受ける。高速ECLプログラマブルディレイラインの生産を開始する。
1987年 9月(昭和62年)高精度ビデオ信号伝送用フィルタの開発および生産を開始する。
1989年 3月(平成元年)衛星搭載用ディレイラインの開発および生産を開始する。
1991年 9月(平成3年)デジタルオーディオ用パルストランス、高速アクティブディレイラインの生産を開始する。
1993年 1月(平成5年)MIL規格アクティブフィルタの開発及び生産を開始する。
1996年 10月(平成8年)広帯域ビデオ信号伝送用パルストランスの開発および生産を開始する。
2001年 12月(平成13年)周期放送用可変位相器の開発および生産を開始する。
2005年 2月(平成17年)医療電子機器向けにLAN用高耐電圧パルストランスの開発および生産を開始する。
2006年 2月(平成18年)鉄道車輌搭載用ドライバモジュールの開発および生産を開始する。
2007年 8月(平成19年)カタログ製品のRoHS指令対応を完了する。
2010年 3月(平成22年)みちのく環境管理規格認証機構より、福島工場が「みちのくEMS」の認定を受ける。
2011年 4月(平成23年)スイッチングトランス、チョークコイルなどの電力系トランスの開発および生産を開始する。
2012年 4月(平成24年)医療機器LAN用、高耐電圧パルストランス(TRX100BTH)IEC60601の認証を取得する。
2014年 12月(平成26年)医療機器LAN用、高耐電圧パルストランス(TRX1000BTHF)IEC60601の認証およびCBを取得する。
2016年 4月(平成28年)本社(東京都中野区)新社屋の竣工。
2016年 12月(平成28年)医療機器LAN用、高耐電圧トランスモジュール(TRX100EIM)IEC60601の認証およびCBを取得する。

一般事業主行動計画

1.計画期間平成26年5月1日~平成29年4月30日
2.内 容
目標1
  • 所定外労働削減のための措置の実施
  • 小学生未満の子を持つ社員が希望する場合に利用できる
    「所定外労働をさせない制度」の実施
目標2
  • 子供が生まれる際の父親の休暇取得の促進と取得に向けて、
    職場への啓発を実施する
目標3
  • 若年者に対するインターンシップ等の職場体験機会の提供
目標4
  • 諸制度の周知、情報提供及び相談体制の整備
    (現状以上の周知、徹底を図る)

個人情報保護方針

ジェーピーシー株式会社は、ご利用者の個人情報が確実に保護されるよう管理に努め、継続的な改善努力を行ってまいります。

  1. 1.個人情報の利用目的
    ジェーピーシー株式会社は、より適切な情報をご提供しサービスの向上を図るため、またお問い合わせに応じるため、個人情報を収集する場合があります。
  2. 2.個人情報の第三者への提供
    ジェーピーシー株式会社は、法令等に基づく場合を除き、個人情報をご本人の同意なしに第三者に提供することは一切ありません。
  3. 3.個人情報保護のための安全管理
    ジェーピーシー株式会社は、個人情報保護のためあらゆる対策を講じ、個人情報を安全に管理し、不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、漏洩、改ざんの予防並びに是正、外部への流出の防止のために最大限の注意を払います。また個人情報の取り扱いを外部に委託する場合の委託先は、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、委託先においても、個人情報の管理、秘密保持、再提供の禁止等、お客様の個人情報の漏洩等がないよう、適切な管理を実施させます。また、個人情報を保護するために必要となる安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
  4. 4.サイト上のリンク先における個人情報について
    当サイトでは、お客様に対し有用な情報・サービスを提供するために、他のサイトへリンクし紹介しております。リンク先のサイトにて行われる個人情報の収集に関しましては、ジェーピーシー株式会社は一切の管理責任を負いません。お客様ご自身の判断によってご利用ください。
  5. 5.個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ
    ジェーピーシー株式会社のプライバシーポリシーについてのご質問、個人情報の開示請求等、各種お問い合わせ先は次の通りです。

< 各種お問合せ先 >

  • 担当:総務部:高橋 章
    • TEL:03(3330)0823
    • FAX:03(3310)1870
  • E-Mail:takahashi@jpc-inc.co.jp